海外旅行 トイレの使い方

海外旅行 トイレの使い方

海外旅行 トイレの使い方

海外旅行先のトイレはなかなか見つけづらいです。

 

日本と違って、なかなか街中で公衆トイレを見つけることは難しいでしょう。

 

ですので、できるだけ、ホテルやレストラン、カフェ、ショッピングモールなどのトイレで済ませておくようにしましょう。

 

トイレは人通りの少ない場所にある公衆トイレは治安が良くないことが多いので、利用しない方が良いでしょう。

 

 

海外のトイレには、無料のものと、有料のものがあり、有料なんて日本では考えられないと思う人も多いと思います。

 

しかし、初めての海外旅行なら、有料トイレをおすすめします。

 

有料トイレと言っても値段は安く、何より清潔ですし、安全です。

 

料金の払い方は色々ありますが、料金は日本円で50~100円程度が相場です。

 

 

・入口に設置された装置のコイン投入口にコインを入れて使う

 

・建物の中にいるサービス係りにチップを払う

 

・トイレの入り口で係員に規定の料金を払う

 

などの支払い方法があります。

 

 

また、海外のトイレは全体的に日本のトイレよりも汚い所が多く、ウォシュレットがついていないことも多いです。

 

ですので、衛生面が気になる人は、以下のものを用意して行きましょう。

 

・ポケットティッシュ
紙自体が有料もしくは置いてないこともあるので、念のため持って行きましょう。

 

・便座クリーナー
便座が非常に汚いことがあるので、便座クリーナーを持って行くと良いです。

 

・ハンディウォシュレット
手動・もしくは電動でウォシュレットが利用できます。

 

・トレイに流せるウェットティッシュ
お尻を拭く時に使いましょう。


各国のトイレの特徴

以下、各国のトイレの特徴です。

 

国によっては、特殊なトイレがあるので、確認しておいてください。

 

 

・アメリカ

 

防犯上の理由から、トイレの上方と、ドアの足元が大きく空いています。

 

・ヨーロッパ

 

基本的な構造は日本のトイレと同じですが、コインを入れると水が流れるタイプのものがあります。

 

・フランス

 

街中にはカプセル型の公衆トイレがあります。コイン投入口にコインを入れるとドアが開きます。

 

・中国

 

使ったトイレットペーパーは便器に流さないことが多いです。

 

多くの場合、使用済みのトイレットペーパーはトイレ内においてあるゴミ箱に捨てるシステムです。

 

・アジア諸国

 

紙を使わずに、シャワーや水桶の水を使って洗い流すタイプが多くあります。

 

ティッシュを使用した場合は、トイレ内のごみ箱に捨てるようにしましょう。

海外旅行 トイレの使い方関連ページ

海外旅行 ホテルでの過ごし方
海外旅行先のホテルでの過ごし方について解説。
海外での食事のマナー
海外旅行先での食事のマナーについて解説します。国によって、食事のマナーというものは異なるので、前もって確認しておきましょう。
海外旅行先でのチップの払い方
日本には馴染みのない制度、「チップ」について、詳しく解説。チップの意味、チップの相場、チップを払うタイミング、チップの払い方などなど、チップについて徹底解説。
海外での郵便の出し方(国際郵便)
海外での郵便の出し方、国際郵便について解説。国際郵便の出し方を学んで、確実に郵便物を届けましょう。
トリップアドバイザーで飲食店を探す
トリップアドバイザーで飲食店を探しましょう。全世界からのレビューが集まるトリップアドバイザーを使えば、海外旅行で失敗せずに飲食店を探すことができます。