機内持ち込みについて

海外旅行 機内持ち込みについて

海外旅行の機内持ち込みについて解説していきます。

 

機内には、荷物一つと、身の回りの品(ハンドバッグ、買い物袋など)1つまで持ち込むことができます。

 

預け荷物に入れなかった、貴重品や、壊れやすいもの、パソコンなどの電子機器は、手荷物として持ち込みましょう。

 

 

ただし、ハイジャックや、テロ防止のため、機内持ち込み品には制限があります。

 

機内持ち込み制限のあるものは、原則として、その場で没収されてしまい、返却もされません。

 

ですので、機内持ち込みできるかどうかを良く確認してから、荷造りするようにしましょう。

 

持ち込み荷物のサイズ・重量などは、多少の違いがありますが、目安として、

 

縦、横、高さの合計が115cm以内、重量10kg未満のものを二個までです。

 

ただし、機内持ち込みができる荷物のサイズは、航空会社や、飛行機の機種により、多少違いがあるので、確認しておきましょう。

 

機内持ち込みできないものとしては、

 

 

・液体(100mlを超えるもの)

 

・危険物

 

があります。

 

それぞれ、以下で詳しく説明していきます。

機内持ち込みの条件 液体について

機内持ち込みできる液体についての条件は、

 

・1つの容器につき、100ml以内

 

・合計1L以下

 

・該当品を20cm×20cm以内のジップ付きビニール袋に入れる

 

です。

 

 

 

意外な液体物について

 

・チューブ入りの液体調味料

 

・液状の化粧品

 

・味噌

 

・水分を多く含む缶詰

 

・水分を多く含む瓶詰食品(はちみつなど)

 

・水分を多く含むパック詰め食品(キムチなど)

 

・飲料水や、クリーム状の食品、

 

・歯磨き粉、

 

・化粧水、マスカラ、ハンドクリーム

 

・液状のレトルト食品

 

・液状の入浴用品

 

 

などが液体物と見なされるので、注意してください。

 

意外なものも液体と見なされるので、必要最小限にとどめておきましょう。

 

これらについては、単体で100mlを超えるものは機内持ち込みが不可能なだけでなく

 

預け荷物の中にも入れることはできません。

機内持ち込みできないもの 危険物

単品で100mlの水に加えて、持ち込みできないものは刃物類などの危険物です。

 

危険物には、意外なものも含まれているので、確認が必要です。

 

・包丁・ナイフなどの刃物類

 

・爪切り

 

・ハサミ

 

・毛抜き

 

・カミソリ

 

・裁縫針

 

・ライターもしくはマッチ2つ以上
 ※一つまでは持ち込み可能(オイルタンク式のものは除く)

 

 

また、その他の明らかな危険物は機内持ち込みできません。

 

使う航空会社によって微妙に違いがありますが、上記の物は面倒ごとを避けるために、機内持ち込みをしない方がベターです。

 

先述しましたが、機内持ち込み禁止品は、原則として見つかり次第没収され、返却もされませんので、よく確認して、

 

預け荷物のスーツケースなどに入れておくようにしましょう。

機内持ち込みについて関連ページ

海外旅行の必需品
初めての海外旅行で絶対に忘れてはいけないものについてリストを作成。海外旅行の必需品について解説。
海外旅行であると便利なグッズ
海外旅行で必需品じゃないけれど、あったら便利!という便利グッズについて解説。初め手の海外旅行、やっぱり楽しく、快適に過ごしたいですよね。
海外旅行・預け荷物の制限
海外旅行での預け荷物の制限について解説します。
海外旅行の荷造り・パッキングのコツ
海外旅行で荷造りしたり、パッキングする際には、どのようにすれば良いのでしょうか。効果的な荷造り・パッキング方法を徹底的に解説します。
海外旅行用変換プラグについて
海外旅行用の変換プラグについて解説。海外旅行先では、その国ごとに変換プラグが必要です。渡航する国ごとに、コンセントの変換プラグが必要です。