海外旅行の荷造り・パッキングのコツ

海外旅行の荷造り・パッキングの方法

海外旅行での荷物のパッキングの方法について解説します。

 

 

・荷造り・パッキングのコツ

 

・重いものを下に詰める
これは、基本的なことですが、必ずやってください。

 

安定感が全く変わってきます。

 

また、壊れやすいものは、スーツケースの中央部に配置するようにしましょう。

 

壊れやすいものはタオルなどでくるんで入れておきましょう。

 

パソコンやドライヤーなどの電化製品を荷物に入れる時には、

 

タオルやしわがついても良い衣類などでくるみましょう。

 

日本ではめったにありませんが、海外の空港では、荷物がかなり乱暴に扱われることが結構あります。

 

海外旅行先でせっかく持って行ったのに破損していた、ということが無いように、念には念を入れておきましょう。

 

重いもの、壊れやすいものを入れたら、その隙間に衣類を詰めていきます。

 

 

 

また、衣類が多いようであれば、圧縮袋を使って荷造り・パッキングしましょう。

 

ネットショップで「衣類圧縮袋 トラベル」などと打ち込んで検索すれば、簡単見つかると思います。

 

手で押すだけで衣類を数分の1のボリュームにすることができるので、海外旅行時に非常に便利です。

 

一度買っておけば、繰り返し使うことができるので、ぜひ勝っておきましょう。

 

旅行先で洋服をたくさん買いたい、という人も、圧縮袋があれば大量に買っても安心です。

 

その際は、圧縮袋余分に持って行くようにしましょう。

 

 

・しわにならない衣類のたたみ方

 

海外で高級店に行く場合には、スーツなどが必要になることがあると思います。

 

そのような時には、しわにならないたたみ方があるので、ぜひやってみてください。

 

以下の動画が非常に参考になるので、見ておいてください。

 

 

・スーツケースに荷物をたくさん詰める方法

 

海外旅行時には、荷物を絞ったつもりでも、思いのほか荷物が多くなってしまうものです。

 

そのような時に便利な方法が、以下の服をミルフィーユのように重ねる方法です。

 

この方法でより多く収納できるメカニズムを簡単に説明すると、

 

服をスーツケースのサイズぎりぎりまで入れていき、はみ出た部分を後で折り込むことで、

 

それぞれの部位での厚みが均等になることで、スーツケースに隙間なく詰めることができる、ということです。

 

これが、一枚ずつ服をたたんで入れると、どうしても厚みに差が出てきてしまい、スペースに無駄ができてしまうのです。

 

下記の動画が非常に分かりやすいので、ぜひ参考にしてください。

 

 

・くるくる巻きのパッキング

 

これは、衣類をくるくると巻いて荷造り・パッキングする方法です。

 

この方法で隙間を埋めていけば、スペースを無駄なく有効に活用することができます。

 

 

 

以上をまとめると、

 

まずは壊れやすいもの、重いものをスーツケースの下の方に置き、

 

その隙間をくるくる巻きにした洋服で埋めて、

 

ミルフィーユのようにして服を詰める、という流れになります。

 

上記の動画を一度見ておけば、方法はすぐに習得することができると思うので、ぜひ、動画を見て、

 

荷造り・パッキングを上手くやって、快適な海外旅行にしてください。

ビーチボールで隙間を埋める

・ビーチボールで隙間を埋める

 

あまり知られていない方法ですが、荷造り・パッキングにビーチボールを使う方法があります。

 

隙間があると、中身が動いてぐちゃぐちゃになってしまったり、思わぬ破損の危険があります。

 

そんな時に便利なのが、ビーチボールです。

 

しかし、ビーチボールを隙間に入れて、ぴったりのサイズになるまで膨らませることで、中身がずれずに済みます。

 

この方法は、かなり有効ですので、ぜひ、やってみてください。

 

海外旅行に行くと、行きと帰りで荷物量が大きく異なる人も多いと思いますが、ビーチボールなら、荷物の増減にも柔軟に対応することができます。

 

また、スーツケース以外でも、リュックサックを使う時などに、ビーチボールを使うと、疲れを軽減することができます。

 

リュックサックの余ったスペースにビーチボールを入れて膨らませることで、内部の揺れを少なくすることができ、

 

さらに、背中との接触面がビーチボールになり柔らかくなることで、

荷物の宅配

海外旅行の行き・帰りでは、荷物を自分で持って行く人が多いですが、

 

家から空港まで、空港から家まで、海外旅行に必要な荷物を宅配サービスを利用して送ることができます。

 

 

料金は、距離や重さによって異なりますが、スーツケース一個あたり、2000円前後が目安です。

 

往復で利用することで値引きがされる場合もあるので、宅配業者に確認してください。

 

出発の約3日前までに予約すれば、自宅まで集荷に来てくれます。

 

出発当日に、出発ロビーカウンターで荷物を受け取ることができます。

 

 

また、荷物の配達は、帰国時も利用可能で、到着ロビーカウンターで預ければ自宅まで届けてくれます。

 

初めての海外旅行だと、帰りは非常に疲れていると思うので、宅配サービスを利用して、身軽に帰るのも手です。

 

 

 

 

海外旅行の荷造り・パッキングのコツ関連ページ

海外旅行の必需品
初めての海外旅行で絶対に忘れてはいけないものについてリストを作成。海外旅行の必需品について解説。
海外旅行であると便利なグッズ
海外旅行で必需品じゃないけれど、あったら便利!という便利グッズについて解説。初め手の海外旅行、やっぱり楽しく、快適に過ごしたいですよね。
機内持ち込みについて
海外旅行で機内持ち込みできるもの、機内持ち込みできないものを完全網羅。また、機内持ち込みでできるものの、機内の持ち込み方を徹底解説。
海外旅行・預け荷物の制限
海外旅行での預け荷物の制限について解説します。
海外旅行用変換プラグについて
海外旅行用の変換プラグについて解説。海外旅行先では、その国ごとに変換プラグが必要です。渡航する国ごとに、コンセントの変換プラグが必要です。