海外での買い物の注意点・マナー

海外での買い物の注意点 営業時間

海外 買い物

海外の買い物での注意点は、

 

海外のお店は営業時間が短い傾向にあるということです。

 

例えば、欧米の店の開店は9~10時ぐらいで、閉店は19時前後が一般的です。

 

日本と比べると、考えられないほど短いのではないでしょうか。

 

また、昼の時間には、昼休みを取っていて、閉っていることもあります。

 

 

営業時間が短いだけでなく、海外では営業日数も少ないので、注意が必要です。

 

土曜は半休、日曜・祝日は定休日ということも多いです。

 

 

その他、目当ての海外のお店があるなら、海外旅行に行く前に、

 

自分が海外旅行に行っている時に運営しているかどうかを、きちんとチェックしておくようにしましょう。

 

また、飛行機の到着の時間などにも、注意してください。

 

到着時間によっては、店内を見て回る時間がほとんどない、ということにもなってしまいます。

 

また、色々な店をめぐる際には、初めての海外旅行など、海外に不慣れだと、

 

店を探すだけで結構な時間がかかってしまうことも考えられます。

 

せっかく行ったのに、目当ての店が閉まっていたとなっては、精神的なダメージも大きいですし、失う時間も大きいです。

 

なので、店の営業日や営業時間などは前もってチェックし、時間にも余裕を持って行動するようにしましょう。


海外での買い物の注意点 海外の買い物のマナー

海外では、日本と違って、ウィンドウショッピングという考え方があまりありません。

 

店に入ったら、何かを買うつもりで来ていると思われます。

 

ですので、何も買う気が無いのに、ただ商品を見ているだけでは、不審に思われてしまいます。

 

商品を見せられても、断る時ははっきりと断りましょう。

 

店員としては買うつもりで来ていると思っているので、迷っている商品があれば売ろうとします。

 

見ているだけなら、「ジャストルッキング」などといって意思を伝えましょう。

 

 

また、基本的に無断で商品に触ってはいけません。

 

日本では勝手に商品を手に取っても眺めても良いですが、

 

海外ではそのような習慣が無いことが多いです。

 

周りのお客さんを見て、何人も商品を手に取ってみているようなら大丈夫ですが、

 

それ以外では、海外では店員にきちんと断ってから、商品を手に取るようにしましょう。

 

 

また、海外では最初に声をかけてきた店員が担当者という考えがあり、

 

それ以降、商品について質問がある場合、担当者を変えることは原則としてできません。

 

最初に声をかけてきた店員と別の店員に声をかけると、

 

最初の店員が気にくわない、という風に思われてしまいます。

 

 

その他、海外旅行先で気を付けるべきこととしては、「チップの払い方」が挙げられます。

 

チップの払い方については、「海外旅行先でのチップの払い方」にまとめているので、そちらをご覧ください。

海外での買い物の注意点・マナー関連ページ

現金の購入・両替方法
現金の購入方法や、両替方法について詳しく解説します。海外旅行では、クレジットカードだけでなく、現金も必要となることがあります。どのような時に現金が必要になるのか、現金の購入・両替方法について詳しく解説。
クレジットカードで買い物・支払い
海外旅行ではクレジットカードは必須です。どのような状況でクレジットカードが必要になるのか、どのようなクレジットカードを選べば良いのかを解説。
海外旅行用のクレジットカードの選び方
海外旅行用のクレジットカードの選び方を詳しく解説。海外旅行では、クレジットカードは必須です。どのようなクレジットカードを選べばよいのかをさらに詳しく解説。
海外専用プリペイドカードで買い物・支払い
海外専用プリペイドカードって何?という方は要チェック。海外専用プリペイドカードのメリット・デメリットを、初めての人にも分かるように分かりやすく解説します。
海外旅行 免税制度・免税手続き
海外旅行の免税って何?という人のために、海外旅行の免税制度と、免税の手続きについて、詳しく解説。
別送品の手続き
別送品の手続きについて解説。海外旅行中に購入した商品を、荷物と別に国際郵便などで送ることを別送と呼びます、別送品の手続きには、大きな注意点があるので、それについて解説します。
海外旅行 トラベラーズチェック(T・C)
トラベラーズチェック(T・C)って何?良く分からない、という人向けに、トラベラーズチェックの入手方法から使い方、その他の支払方法との比較まで、トラベラーズチェックの全てをお教えします。