ETAS~オーストラリアに行くなら

ETASとは

海外旅行 ETAS

オーストラリアへの旅行の際には、ETASと呼ばれる電子渡航許可を申請する必要があります。

 

ETASとは、Electric Travel Authority Systemの略で、オーストラリアに行く際には、必ず申請しておかなければなりません。

 

オーストラリアの政府公式の移民局サイトから申請することができます。

 

オーストラリア観光ビザであるETASの申請には、以下の条件が必要です。

 

 

1. ETAS対象国籍のパスポート所持者であること(日本、韓国、アメリカ合衆国、カナダ、シンガポール、香港特別行政区、マレーシア)

 

2. 訪問目的が、「観光」「親族訪問」「ビジネスミーティング」「会議、展示会又は高度な技能を必要とする短期間のプロジェクト、又はイベント従事者 」

 

3. 3ヶ月以内の滞在

 

4. 健康であり犯罪歴がない

 

 

上記の条件に当てはまらない人は、オーストラリア大使館、領事館で、ETASでない別のビザの申請が必要となるので、注意してください。

 

海外旅行のパックツアーで、旅行会社に頼むこともできますが、自分で申し込んだ方が安く済みます。

 

以下に申し込み方法を解説しますが、どうしても面倒くさい、という人は、料金を払って、旅行会社に頼んでも良いでしょう。


ETAS 申請方法

ETASの申請には、一般的には値段は、20豪(オーストラリア)ドルかかります。

 

しかし、実はオーストラリア政府への申請自体は無料です。

 

なのですが、ETASの登録システムを開発した会社へ支払うために20ドル必要ということです。

 

ですので、実はその他の業者で登録すると、より安くETASの申請ができることがあります。

 

オーストラリア政府移民局

 

ESTA申請の公式サイトと言うべきサイトです。

 

ここよりも安いサイトがありますが、公式で安全に確実に申請したい、という人は、上記のリンクから申請してください。

 

しかし、その他にも安全でもっと安いサイトがいくつかあります。

 

以下のサイトの料金は、「全額」の料金です。

 

オーストラリア政府移民局のサイトでは、2000円かかりますが、

 

オーストラリア政府への申請自体は無料なので、

 

下記の代金+2000円ということではなく、

 

料金は代理手数料だけで良いのです。

 

 

・テレキュート
代理手続き業者では最も古い部類の安心感のあるサイトです。

 

・ラストリゾート
老舗の会社が運営するサイトで、人数割があります。

 

・ビザ太郎
人数割の制度がお得なサイトです。

 

・トラベルドンキー
トラベルドンキーでツアー・宿泊等も申し込みすれば、格安で申請できます。

 

・ヒューマンジェルス
一人での申し込みなら最も安いです。航空券も一緒に購入した場合、ETASの代理申請は無料で行ってくれます。

 

上記の会社は、どれもオーストラリアの海外旅行に強く、ETASの代理手続きの会社として有名です。

 

上記のサイトは、それぞれETASの公式サイトよりもはるかに安くすみますが、

 

それぞれ、条件が微妙に違っており、人によってどれが一番適しているかは変わってくるので、

 

ETASの申請を安く簡単に済ませたい人は、それぞれチェックしてみてください。

ETAS~オーストラリアに行くなら関連ページ

海外旅行 パスポート
海外旅行の必需品、パスポートについて徹底解説。パスポートの取得方法から、パスポートの再申請、パスポートを紛失した時の対処法など、初めての海外旅行の人でも安心の充実解説。
海外旅行 ビザ取得・必要書類
海外旅行で必要なビザについて解説。ビザが必要な国や。ビザが必要な条件、ビザの必要書類を手に入れる方法などが全て分かります。
ESTA~アメリカ方面行くなら絶対必要
海外旅行でアメリカ方面に行くなら、ESTAが必要となります。ESTAとは何か、ESTAの取得方法とその意味について解説。
国際運転免許証 取得方法
海外で車に乗りたいなら、国際免許証を。国際運転免許証の取得方法から、その使い方まで、詳しく解説。
国際学生証について
国際学生証について解説。国際学生証の活用法や、国際学生証の取得方法などについて詳しく解説。国際学生証の全てが分かる!
イエローカード(海外旅行)
海外旅行のイエローカードについて
英文カルテ
英文カルテについて解説。持病のある方が海外旅行に行く場合には、英文カルテを持って行くと安心です。ここでは、英文カルテについて解説します。