海外旅行 パスポート

パスポートの作り方

海外旅行 パスポート

パスポートは、海外旅行する時には必須で、一人一冊必要です。

 

パスポートには、

 

5年有効パスポート(表紙は青)

 

 

10年有効なパスポート(表紙は赤)

 

の二種類があります。

 

パスポートを取得するのに必要な書類は、下記の通りです。

 

 

パスポート取得に必要な書類

 

・一般旅券発給申請書・・・一通

 

・戸籍謄本または戸籍抄本(6か月以内に発行されたもの)・・・1通

 

・住民票(6か月以内に発行されたもの)・・・1通

 

 

・縦45mm×横35mmの写真(6か月以内に撮影されたもの)・・・1枚

 

・身元が確認できるもの(運転免許証など)

 

・印鑑(本人または法定代理人が署名する場合は不要)

 

上記をそろえて、住民登録している都道府県の旅券課か出張所で申請します。

 

その際に、パスポートの発行予定日を指定され、パスポート受け取り時に必要な「旅券引換証」を受け取ります。

 

パスポートの発行までにかかる時間は、約10日ほどなので、海外旅行に行く前に余裕を持って取得しておきましょう。

 

 


パスポートの受け取り方

パスポートを受け取る時には、

 

申請時に受け取った「旅券引換証」と、手数料を持って旅券課および出張所に行き、

 

パスポートを受け取ります。

 

なお、パスポートを取得する時は、必ず本人が行くようにしてください。

 

 

・パスポートの発行手数料は、

 

・5年有効パスポート(申請時点の申請者年齢≦12)・・・6000円

 

・5年有効パスポート(申請時点の申請者年齢≧12)・・・1万1000円

 

・10年有効パスポート(申請時点で20歳以上のみ取得可能)・・・1万6000円

 

です。

 

 

※注意事項

 

以前は親のパスポートに併記できましたが、

 

現在は生まれてすぐの赤ちゃんにも、一人一冊のパスポートが個別に必要です。

 

新規申請に必要な書類は、上記と全く同じです。

 

身元確認書類は、母子手帳や健康保険証などですが、各都道府県によって異なるので、事前に確認してください。

 

顔写真は、自宅で撮るか、赤ちゃんの撮影に応じてくれる写真屋もあるので、そちらに依頼するのも良いでしょう。

パスポート 有効期間などの注意点

パスポートは有効期間が短いと入国できない場合があります。

 

海外旅行の渡航先や滞在期間によっては、パスポートの有効期間が3~6か月以上必要なので、

 

行先を決めたら、予定日までの有効期間に問題がないかチェックをしましょう。

 

 

パスポートは有効期間が一年未満になったら、更新が可能になります。

 

その際、必要な書類は新規申請と同様ですが、

 

氏名・本籍地に変更が無ければ、戸籍謄本・戸籍抄本は不要です。

 

身元確認も現在のパスポートで行うことができます。

 

 

結婚・離婚などで姓が変わった場合には注意が必要です。

 

旅行の申し込みの姓とパスポートの姓が異なっていると、空港でのチェックイン時に搭乗できなくなってしまいます。

 

(ただし、再発行手数料を払った上で、航空会社が名前の変更手続きをしてくれる場合もあります)

 

しかし、航空会社によっては、変更手続きができない場合もあるので、

 

できるだけ申し込み時の姓とパスポートの姓は一致させるようにしましょう。

 

 

パスポートは旧姓のままでも使えるので、パスポートの訂正をしない場合は、

 

航空券やクレジットカードなどの名義も旧姓のままで統一できるなら問題ありません。

 

それができない場合は、パスポートの更新手続きが必要になります。

 

パスポートの訂正に必要な書類は以下の通りです。

 

パスポート訂正に必要な書類

 

・訂正するパスポート(有効期間内のもの)

 

・一般旅券訂正申請書(旅券課窓口にあります)・・・一通

 

・戸籍謄本または戸籍抄本(新しい氏名・本籍地で6か月以内に発行されたもの)・・・1通

 

・身元が確認できるもの(運転免許証など)

 

・印鑑(新しい姓の印鑑、認印)

 

・手数料 900円

パスポート 紛失した場合

パスポートを紛失した場合についてです。

 

パスポートを紛失した場合、

 

まず、最寄りの警察で、

 

「盗難・紛失証明書」

 

を発行してもらう必要があります。

 

 

警察に行き、パスポートを紛失した状況を説明し、

 

その場で無料で「盗難・紛失証明書」を発行してもらえます。

 

パックツアーならスタッフに同行を依頼すると安心です。

 

 

そして、現地の日本大使館または日本領事館に行き、パスポート再発行の手続きをします。

 

 

その際、

 

・盗難・紛失証明書

 

・一般旅券発給申請書2通

 

・顔写真2枚

 

・紛失したパスポートの旅券番号

 

・発行年月日、交付地

 

などの控えが必要です。

 

メモをしていない場合は、日本に連絡してパスポート番号を確認してもらわないといけなかったり、

 

身分を証明するために、ツアーのスタッフや、同行者に立証してもらう必要があります。

 

ですので、あらかじめ、パスポートや戸籍謄本、免許証などのコピーを用意しておいたり、

 

顔写真の予備を持って行くとスムーズに手続きができます。

 

 

パスポートの再発給までは、一週間以上かかります。

 

帰国するだけなら、パスポートを発行せずともよく、

 

「帰国のための渡航書」の申請を行えばよいです。

 

 

・帰国のための渡航書の申請に必要なもの

 

・現地警察署発行の盗難紛失証明書

 

・大使館にある渡航書発給申請書

 

・日本国籍が確認できる書類(運転免許証・戸籍謄本など)

 

・旅行日程が確認できる書類(航空券など)

 

・パスポート用の写真2枚(海外では証明写真を手軽にはとれないので、予め用意しておきましょう)

 

・手数料

 

 

パスポートが盗難された場合、海外旅行保険に入っていれば補償される場合があります。

 

海外旅行保険の携行品保険の中に、パスポートの盗難に対する保険が含まれている場合には、

 

・パスポートの再発行のために余分にかかった費用、

 

・宿泊費や交通費

 

・再発行の手数料

 

などが補償されます。

 

現地で忘れずに領収書をもらっておき、帰国後に申請しましょう。

その他の必要書類

海外旅行では、パスポートは必須ですが、

 

他にも必要書類があります。

 

 

・ビザ

 

・ESTA

 

・ETAS

 

・国際免許証

 

・国際学生証

 

・イエローカード(海外旅行)

 

・英文カルテ

 

 

などが海外旅行先や人によっては必要となる書類です。

 

それぞれについては、下記のそれぞれの記事を参照してください。

海外旅行 パスポート関連ページ

海外旅行 ビザ取得・必要書類
海外旅行で必要なビザについて解説。ビザが必要な国や。ビザが必要な条件、ビザの必要書類を手に入れる方法などが全て分かります。
ESTA~アメリカ方面行くなら絶対必要
海外旅行でアメリカ方面に行くなら、ESTAが必要となります。ESTAとは何か、ESTAの取得方法とその意味について解説。
ETAS~オーストラリアに行くなら
ETASはオーストラリアに行くのに必要になる電子渡航許可証です。ETASの申請方法に必要な書類や申請方法について解説。
国際運転免許証 取得方法
海外で車に乗りたいなら、国際免許証を。国際運転免許証の取得方法から、その使い方まで、詳しく解説。
国際学生証について
国際学生証について解説。国際学生証の活用法や、国際学生証の取得方法などについて詳しく解説。国際学生証の全てが分かる!
イエローカード(海外旅行)
海外旅行のイエローカードについて
英文カルテ
英文カルテについて解説。持病のある方が海外旅行に行く場合には、英文カルテを持って行くと安心です。ここでは、英文カルテについて解説します。