イエローカード(海外旅行)

イエローカードとは

イエローカード 予防接種

WHO(世界保健機関)が指定した伝染病感染地区へ旅行する場合には、

 

事前に予防接種を受ける必要があります。

 

そして、検疫所や医療機関などで規定の予防接種を受けると、

 

予防接種を受けたことの証明書である「イエローカード」を発行してもらえます。

 

表紙が黄色であることから、このように呼ばれています。

 

指定されている地域に渡航する際に、イエローカードを持っていないと、入国が拒否されてしまうことがあります。

 

このイエローカードの取得が必要な国としては、アフリカ、中南米、東南アジアの国が多いですが、

 

その他の国や地域でも、急に感染症が流行が発生する場合もあるので、

 

渡航前には、厚生労働省検疫所のHPで事前に確認しておいた方がよいでしょう。

 

 

(⇒http://www.forth.go.jp/)

 

なお、予防接種は、効果が出るまでに時間がかかるので、早めに受けておかないといけない予防接種もあり、

 

また、副作用があるので、同時に受けることができない予防接種もあるので、

 

指定地域に海外旅行に行くことを決めたら、できるだけ早めに必要な予防接種を調べ、予防接種を受けておくようにしてください。

 

なお、指定地域以外の場所へ旅行する場合でも、感染が心配な方は、予防接種を受けておいた方が良いでしょう。

 


予防接種の種類

黄熱・・・感染リスクのある地域に渡航する人

 

A型肝炎・・・途上国に中・長期(一か月以上)滞在する人。特に40歳以下。

 

B型肝炎・・・血液に接触する可能性のある人。海外風俗めぐりを目論んでいる人はぜひ。

 

破傷風・・・けがをする可能性が高い地域に行く人。

 

狂犬病・・・イヌやネコ、コウモリなどが多く、近くに医療機関が無い地域に行く人。

 

ポリオ・・・ポリオの流行地域に旅行する人。

 

日本脳炎・・・日本脳炎の流行地域に長期滞在する人(主に東南アジアで豚を飼っている農村部)

 

イエローカードの取得

1.予防接種を予約する。

 

まず、厚生労働省検所のサイトでの予防接種のリスト

 

検疫所、指定の医療機関、保健所、専門診療所など、希望する接種場所に、

 

予防接種が可能かどうかを確認したうえで予約をします。

 

このときに、予防接種の料金も確認しておくとよいでしょう。

 

予防接種期間を探す場合には、厚生労働省検疫所のHPにある
「予防接種実施機関検索」ページが便利です。
⇒http://www.forth.go.jp/moreinfo/vaccination.html

 

県名、施設名、ワクチン名などを入力して検索することができます。

 

 

2.予防接種後、イエローカードを受け取る。

 

パスポートを持参して予防接種を受けると、その場でイエローカードが発行されます。

 

3.検疫所で承認印(スタンプ)を押してもらう。

 

所定の検疫所へイエローカードを持って行き、、承認印(スタンプ)を押してもらって終了です。

イエローカード(海外旅行)関連ページ

海外旅行 パスポート
海外旅行の必需品、パスポートについて徹底解説。パスポートの取得方法から、パスポートの再申請、パスポートを紛失した時の対処法など、初めての海外旅行の人でも安心の充実解説。
海外旅行 ビザ取得・必要書類
海外旅行で必要なビザについて解説。ビザが必要な国や。ビザが必要な条件、ビザの必要書類を手に入れる方法などが全て分かります。
ESTA~アメリカ方面行くなら絶対必要
海外旅行でアメリカ方面に行くなら、ESTAが必要となります。ESTAとは何か、ESTAの取得方法とその意味について解説。
ETAS~オーストラリアに行くなら
ETASはオーストラリアに行くのに必要になる電子渡航許可証です。ETASの申請方法に必要な書類や申請方法について解説。
国際運転免許証 取得方法
海外で車に乗りたいなら、国際免許証を。国際運転免許証の取得方法から、その使い方まで、詳しく解説。
国際学生証について
国際学生証について解説。国際学生証の活用法や、国際学生証の取得方法などについて詳しく解説。国際学生証の全てが分かる!
英文カルテ
英文カルテについて解説。持病のある方が海外旅行に行く場合には、英文カルテを持って行くと安心です。ここでは、英文カルテについて解説します。