海外旅行保険の種類・選び方

海外旅行保険

海外旅行保険の種類・選び方

海外旅行保険とは、損害保険のひとつで、損害保険会社が取り扱っています。

 

海外旅行保険は、渡航先や旅行期間、補償の内容などによって保険料が異なります。

 

海外では、日本と比べ、医療費が高額となることが多く、

 

日本では低額な医療費のものでも、、高額な損害賠償を請求されることがあるので、注意が必要です。

 

例えば、救急車は、日本では今の所無料ですが、海外諸国ではほとんどが有料で、走行距離に応じて金額が加算され、かなりの高額になることがあります。

 

万が一のことを考えて、海外旅行保険に加入しておいた方が良いです。

 

自宅を一歩出たときから海外旅行がはじまるので、事前に海外旅行保険を契約されておくと、

 

自宅から空港に到着するまでの国内でおきた事故でも補償されます。

 

また補償の内容以外に、職業によってケガのおそれがある場合や旅行先で危険なスポーツをする場合、

 

申し込みが出来ない場合や割増保険料が必要になります。ご契約時に申告をしないと、保険金の減額やお支払いできないことがあります。

 

ご契約時によく確認しましょう。

 

海外で通院や入院をしたときに、自分で立て替えて支払いをするのは、負担が大きくなる場合もあります。

 

保険のサービスの中には、自分では直接払わず、支払手続きはすべて保険会社が代行してくれるキャッシュレスというサービスがあります。

 

お金の心配なく安心して治療を受けることができますね。

 

自分の渡航先にキャッシュレスで診療や治療が受けられる病院がどの程度あるのか、というのも保険選びの重要なポイントです。

 

海外旅行保険は加入申し込みの時に補償の内容を選ぶことができ、

 

主な加入方法は、

 

保険会社のプラン

 

 

クレジットカード付帯の保険

 

があります。

 


海外旅行保険の種類と請求

海外では日本の保険証が使えないので、予想以上に高額な医療費を請求される恐れがあります。

 

旅行先では何が起こるかわかりません。軽い怪我や風邪で現地の病院に診察してもらいたくても、

 

主な海外旅行保険の補償項目は、以下の通りです。

 

傷害死亡・後遺障害・・・旅行中の事故によって死亡したり後遺症が残った場合の補償

 

傷害・疾病治療費用・・・旅行中の怪我や病気によってかかった治療費を補償

 

賠償責任・・・旅行中に他人を怪我させたり、店や他の人の物を壊してしまった場合の補償

 

携行品損害・・・旅行中に持ち物が盗難にあったり、破損してしまった場合の補償

 

救援者費用・・・遭難した時の捜索救助費用や、旅行中に事故や病気で入院して、家族や友人が現地に向かうのにかかった交通費や滞在費を補償

 

 

保険金の請求は、現地にいる時でも、帰国してからでもできます。

 

資金が足りないようなら、現地で行い、そうでないなら、帰ってきてからゆっくりと請求すればよいと思います。

 

現地ですぐに保険金を請求する場合、「保険会社の現地代理店」か「日本の支店」に連絡をとり、請求します。

 

帰国後に請求する場合は、原則としてトラブル発生日から30日以内に請求する必要があります。

 

医師の診断書、請求書、受領書、保険証書などを保険会社に提出し、保険金額を請求します。

海外での事故例

海外での高額事故例を紹介しておきます。

 

以下は、ジェイアイの傷害火災保険株式会社の情報です。

 

 

年度別海外での事故例

 

数百万円、数千万円の保険金支払額に達した事例が年度ごとに乗っています。

 

これを見みると、海外旅行に対して大きな不安を抱くかたもいらっしゃるでしょう。

 

そこで、もう一つのデータを載せておきます。

 

出入国者(数国土交通省の観光庁)

 

 

平成26年(2014年)のデータで見ると、日本人出国者数は1,690万人で、上記の300万円以上の高額例は100例に満たない量です。

 

さらに、その過半数は高齢者のものであり、

 

海外でトラブルにあっても、数百万円を超える損失になる確率は数十、数百万分の1という確率です。

 

こうして計算してみると、安心できると思います。

海外旅行保険の選び方

海外旅行保険の中で最も着目すべきは、

 

海外の高額な医療費に備えるための、「治療費用の補償」です。

 

そこで、ケガや病気にあう確率や必要な金額の客観的なデータから、

 

治療費用について考えてみましょう。

 

JTBでは、保険契約者の事故発生状況についてのデータを公開しています。

 

保険会社での海外旅行保険は、保証額が過剰である可能性が高いので、

 

統計的に判断して、本当にその保険が必要か、ということを考えて、保険を選ぶようにしてください。

 

 

また、保険会社の保険に加入せずとも、必要十分な補償を得ることができる特殊な方法があります。

 

それについては、海外旅行保険付きクレジットカードで詳しく解説しているので、

 

そちらをご覧ください。

海外旅行保険の種類・選び方関連ページ

海外旅行保険 請求の仕方
海外旅行保険って、入った方が良いの?初めての海外旅行者のために、海外旅行保険に入った方が良い人、入らなくても良い人はどういう人か分かりやすく解説。