出国・入国・帰国手続き

出国・入国・帰国手続き

海外旅行

海外旅行の出国・入国・帰国手続きについて、このカテゴリーでは解説しています。

 

海外旅行では、出国・入国・帰国手続きが必要となってきますが、

 

それぞれしなければならないことが少しずつ違うので、とまどうことが多いでしょう。

 

そこで、ここでは出国手続き、入国手続き、帰国手続きについて詳しく解説し、

 

さらに、飛行機内での過ごし方や、時差ボケ対策についても詳しく解説しています。


出国・入国・帰国手続き記事一覧

出国手続き

出国手続きについて、実際の行動の順番に沿って解説していきます。搭乗までの流れ1.搭乗手続きを行う2.荷物を預ける3.保安検査を通過する4.税関5.出国審査6.飛行機に搭乗する

≫続きを読む

入国手続き(他国への入国)

入国手続きの流れ1.飛行機を降りる2.入国審査を受ける3.預け荷物を受け取る4.税関でチェックを受ける5.到着

≫続きを読む

帰国手続き(日本への帰国)

飛行機の予約を再確認することをリコンファームと言います。通常、出発の72時間前までに済ませる必要があります。ほとんどの航空会社では、リコンファームは必要ないですが、念のため、航空会社にリコンファームが必要か訊いておきましょう。リコンファームの方法・入国時に空港で済ませる入国手続きが終わってから、その...

≫続きを読む

機内での過ごし方

機内での過ごし方について解説していきます。・トイレの表示トイレ LAVATORY(ラヴァトリー)空き  VACANT(ヴェイカント)使用中 OCCUPIED(オキュパイド)ドアのロックが空きになっていることを確認して、トイレは利用しましょう。・離着陸時の注意離着陸時には、必ずシートベルトを締めましょ...

≫続きを読む

時差ボケ対策

時差ボケとは、遠距離を移動する時に、時差の違いにより、睡眠リズムが乱されることによって、体調に様々な異変をきたす症状のことを指します。代表的な時差ボケの症状としては、不眠・眠気頭痛、めまい、目の疲れ、吐き気、食欲不振、疲労感、などがあります。時差ボケの症状は個人差が大きいですが、4~5時間以上の時差...

≫続きを読む