出国手続き

出国の手続き

出国手続き

出国手続きについて、実際の行動の順番に沿って解説していきます。

 

搭乗までの流れ

 

1.搭乗手続きを行う

 

2.荷物を預ける

 

3.保安検査を通過する

 

4.税関

 

5.出国審査

 

6.飛行機に搭乗する


1.航空会社のカウンターで搭乗手続きを行う

1.空港に着いたら、まずは搭乗手続きを行います。

 

パックツアーの場合は、指定の待ち合わせ場所へ向かいましょう。

 

ツアー名の看板をカウンターへ行き、パスポートを見せ、航空券もしくは搭乗券をもらいましょう。

 

 

カウンターで手続きを行うこともできますが、ウェブチェックインを使うのがスムーズな出国にはオススメです。

 

ウェブチェックインは、事前にインターネット上でチェックインをして、空港での手間を減らせるサービスです。

 

預け荷物が無ければ、ウェブチェックインが完了していれば、そのまま保安検査に行くことができます。

 

WEB搭乗券や、事前にスマホに取り込んでおいたバーコードを提示すれば、搭乗手続きを簡単に済ませることができます。

 

E-チケットと呼ばれる電子航空券の場合は、控えを持参するだけで良いです。

 

 

なお、チェックインカウンターは、エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスごとに、列が分かれているので、

 

自分のクラスの列に並びましょう。

 

 

※パックツアーの場合は、当日旅行会社から航空券を受け取り、航空会社のカウンターでチェックインするケースが多いのですが、

 

個人旅行などで前もって航空券を持っている人や、Eチケット(電子航空券)で飛行機を予約した場合は、

 

航空会社によっては自動チェックイン機を利用できることがあります。

 

自動チェックイン機を利用すれば、カウンターに列を作って並ぶ必要がなく、短時間でスムーズにチェックインすることができます。

2.荷物を預ける

2.荷物を預ける時には、機内へ持ち込めないものは預け荷物に移し、貴重品は機内持ち込みの手荷物に移しておきましょう。

 

持ち込み制限や、預け荷物の重量・サイズ制限などについては、海外旅行の持ち物をご覧ください。

 

荷物を預けた時に「荷物の引換証」をしっかりと受け取り、到着地まで無くさないように管理してください。

 

また、荷物を預ける際には、盗難・取り間違え防止のため、目印をつけておきましょう。

 

目印になりそうなものが無いなら、即興でビニール袋を巻き付けるのもありです。

3.保安検査を通過する

3.保安検査を通過するでは手荷物および、ボディチェックを行います。

 

保安検査場の位置口に並び、手荷物とコートやジャケットなどの上衣をトレーに乗せます。

 

この際、ペットボトルは検査場の手前で処分します。

 

※飲み物は、出国審査を通過した後のショップで購入することができ、それは機内に持ち込むことができます。

 

 

手荷物の中からは、液体物や、パソコンなどを取り出し、

 

身に着けている金属製品、携帯電話、時計、ベルト、鍵、小銭なども全てトレーにのせ、

 

ボディチェックのゲートをくぐります。

 

場合によっては、金属のスタッズなどが使われた靴でも反応してしまうことがあります。

 

 

金属探知ゲートをくぐって、ブザーが鳴らなければOKです。

 

トレーに載せた荷物を受け取り、税関へ向かいましょう。

4.税関を通過する

4.税関を通過するでは、高価な外国製品を所持している場合は、ここで届け出が必要です。

 

税関に置いてある「外国製品の持ち出し届」に必要事項を記入して、スタンプをもらいます。

 

 

高価な外国製品を所持しているにもかかわらず、ここで申告していないと、

 

帰国時に海外で購入したものとまちがわれ、課税対象になってしまうことがあるからです。

 

 

もっとも、手続きは非常に楽で、

 

「外国製品の持ち出し届」には、

 

氏名と、該当品名とその個数、該当品の簡単な特徴を書くだけで、

 

後は税関の認印をもらうのみで完了です。

 

この「外国製品の持ち出し届」は、小さいくて無くしやすいのですが、絶対に無くさないようにしましょうね。

 

 

もっとも、海外旅行に行く際には、強盗・盗難・紛失などの不要なトラブルを避けるためにも、

 

なるべく高価な物品は持っていかないようにした方がベターです。

5.出国審査

パスポートを提示して、出国審査を行います。

 

日本人用のブースに並び、一人ずつ、パスポートと搭乗券を審査官へ渡し、チェックを受けます。

 

出国審査に合格すれば、出国スタンプが押され、パスポートと搭乗券が返却されます。

 

出国審査が終了したら、手続き上、もう日本を出国していることになります。

6.飛行機に搭乗する

出国審査が終ったら、次は搭乗です。

 

初めての海外旅行では、まず、搭乗口のゲートを確認しておきましょう。

 

空港で何か買い物をしたい場合でも、

 

まずは搭乗口のゲートを確認しておいてください。

 

ゲートを探すのに迷ってしまい、時間内に間に合わない、ということがありえるからです。

 

行先、便名、航空会社の搭乗口などをよく確認しておきましょう。

 

不安なら、ゲート付近の係員に尋ね、本当にその搭乗口ゲートで合っているか確認しておいてください。

 

機内への案内予定時刻が近付いたら、

 

搭乗口や出発時刻が変更になる場合もあるので、掲示板や、アナウンスを定期的にチェックしておくようにしてください。

 

用事が済んだら、十分時間に余裕を持って、ゲート付近で待機するようにしてください。

 

 

出国審査を通過した後から、搭乗口の間には、色々な施設があります。

 

海外旅行用品の売店や免税店

 

両替所

 

海外旅行保険の申し込み機

 

などがあります。

 

もし、所持品の不足に気付いたら、ここで購入しておくようにしてください。

 

なお、出国審査を通過した後に購入する飲み物は、機内に自由に持ち込みできます。

 

また、トイレなども、忘れずに済ませておきましょう。

 

 

搭乗案内の時間になったら、順番に並び、搭乗券を改札口に入れて、飛行機に搭乗してください。

 

場合によっては、バスなどに搭乗して、飛行機の所に向かう場合もあります。

 

機内に入ったら、搭乗券をよく確認して、自分の座席に座りましょう。

出国手続き関連ページ

入国手続き(他国への入国)
入国手続きについて詳しく解説。他国へ入国する時の手続きのポイントを解説していきます。ここを読めば、迷わずに海外旅行で入国することができるでしょう。
帰国手続き(日本への帰国)
帰国手続き【日本への帰国)について詳しく解説。
機内での過ごし方
飛行機の中でどのように過ごせば良いのかを解説。各種サービスや、エコノミークラス、ビジネスクラスなどの違いなども解説します。
時差ボケ対策
海外旅行時の時差ボケを防ぐための方法を詳しク解説。