TSAロック付きのスーツケース

TSAロック

TSAロック スーツケース

TSAロック(ティーエスエーロック)とは、

 

アメリカ国土安全保障省の運輸保安庁 (Transportation Security Administration) より認定を受けた、旅具等に備えられた施錠機構の総称です。

 

TSA職員が、特殊なツールで鍵を開け、荷物をチェックした後、施錠してまた荷物を戻してくれます。

 

現在では、よほど格安のスーツケースでない限り、TSAロックはどのスーツケースにも基本的についています。

 

 

通常、アメリカの空港を利用する際は、手荷物及び預け荷物の施錠が禁止されています。

 

アメリカ合衆国領土で飛行機に搭乗する際の手荷物または預け入れ荷物は、通常は電磁的スクリーニング検査(透視検査)を行いますが、

 

TSA職員が中身を直接目視検査する場合もありうるため、一切施錠しないように求められています。

 

施錠しても良いのですが、鍵を破壊されて、中身を確認されてしまうことがあります。

 

また、米国領土から出航する航空機での預け入れの際は、電磁的な検査に不審な結果が無くても、ランダムに開封検査の対象となるようになった。

 

施錠された荷物についてはTSA係官が錠機構を破壊することを認められており、破壊されたことに対する補償は一切ありません。

 

米国にて、2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件以降、強化されるようになりました。

 

しかし、米国連邦航空省運輸保安局(TSA)公認のカギであれば、施錠したまま荷物を預けることができます。

 

 

TSAロックは、アメリカ本土だけでなく、ハワイ・グアム、サイパンなどアメリカ領の全地域への旅行、乗り継ぎでアメリカの空港を利用する場合にもTSAロックは役に立ちます。

 

 

TSAロック採用製品は、スーツケース本体にTSAが付いているもの以外にも、

 

外付けすることができるTSAロック、南京錠、スーツケースベルト、ワイヤーロックなどがあるので、

 

手持ちのスーツケースにTSAロックがついておらず、TSAロックを使用したい場合は、これらの製品を使用すると良いでしょう。

 

 

ただし、実際の米国の運用では、TSAロックでも破壊することがまれにあるようです。

 

また、TSAロックの種類としてはTSA001からTSA011までが存在していて前述の、TSAロックでも破壊されることがあるのは、係官がその種類の合鍵を持っていない場合が考えられます。

 

抜き取り検査に当たった事を示すインジケータがついているTSAロック製品もあります。

 


TSAロック付きのスーツケース関連ページ

海外旅行スーツケースの選び方
海外旅行でのスーツケースの選び方を徹底解説。海外旅行での必需品、スーツケースをどのように選べば良いか、徹底解説します。スーツケースを選ぶ時のポイントを完全網羅。
スーツケースをレンタルする
「スーツケース」をレンタルできるって知ってましたか?スーツケースを海外旅行でレンタルした方が良い人と、そうでない人がいるので、それについて詳しく解説します。
スーツケースを長持ちさせる方法
スーツケースを長持ちさせる方法について解説。スーツケースを長持ちさせる使い方や、スーツケースのメンテナンス方法などを詳しく解説します。